HIROism A.I.R The Answer/Wizard CS6.4のインプレ

ロッドインプレッション
refocus_ok

ヒロ内藤さんが作り上げたHIROism A.I.R The Answerシリーズのロッドが発売された時にボクの考えではショートロッドの3本をまずは購入してからウィザードCS6.4とバウンス6.9を購入しようと考えて購入を見送っていたのです。

ところが! オフトが会社を閉める事になり、慌てて購入しましたが、ショートロッドもカリプソSJは手に入らず時は過ぎ、去年ようやく購入できたのです。

まあ、三種の神器じゃないけれど、カリプソLJとSJにカプリコーンTWが手に入ったので良かったのですが、気になるんですよね~ヒロ内藤さんが振ってる ウィザードCS6.4が(;一_一)


ヒロ内藤さんが動画内でよく使ってるロッド! Wizard CS6.4

ヒロ内藤さんのYouTubeチャンネルHIROismで巻物のルアーを使うと必ず出てくるロッドがHIROism A.I.R The Answer/Wizard CS6.4なんです。

最初の登場がへドン・ソナーの回なんですけど、この時はThe Answer/Wizard CS6.4を使っているのを見ていて巻物はやっぱり最新のWizard CS6.4をチョイスされるんだと言う感じで見てました。

へドン ソナー

続いてジャークベイトのリッピングの回で登場します。この回ではヒロ内藤さんにトゥイッチングの回でウィザード6.2のロッドの長さについて質問した所、質問に答えて頂きました。動画ではWizardCS6.4を使ってリッピングをされています。

HIROism A.I.R The Answerシリーズは後継機種の発売は叶わなかったので全5タイプのロッドでしたなのでWizard CS6.4は特に汎用性にこだわっていたと推測されます。

この後もシャロークランクやミッドレンジのクランク、スピナーベイトとWizard CS6.4は登場し続けるのです。気にならない方がどうかしているとボクは思います。

更にラバージグの回でも登場します。動画内でも話されていますが、ヒロ内藤さん自身はラバージグのキャスティングスタイルの釣りでは、ジグロッドに硬さと長さは求めていないようで、Wizard CS6.4で十分対応できると仰っていたのが Wizard CS6.4を購入を決意させた動画でしたね。

丁度、当時、Wizard CS6.4が中古市場にあり、ボーナスの時期だったのでよし買うぞ!思ってサイトを見ると売れてしまっているじゃないですか! もう一本売りに出されていましたが、予算的に厳しいので前から気になっていたスティーズマシンガンキャストtype2.0を購入する事になったのです。

スティーズマシンガンキャストtype2.0も見た目のデザインも良く使っていても使い易い良いロッドで 満足していますよ。流石!スティーズです。

そして、時が流れ、先日、投稿したヒロ内藤さんの最新ロッドの記事を書くのにインターネットで検索しているとWizard CS6.4がオークションに登場しているじぁないですか!これはご縁だと思い入札してみるとなんと予算内で購入できました。


HIROism A.I.R The Answer/Wizard CS6.4の使用感

最初にロッドを振った感触はあれ?思っているよりもパワーのあるロッドだと感じました。実際の釣行は短時間でしたが、巻物を中心に試してみました。

タックルセットアップは以下の通りです。

・ロッド  Wizard CS6.4

・リール スティーズCT  タトゥーラSV TW

・ライン シルバースレッドSAR20LB 16LB

Wizard CS6.4のテーパーはレギュラーファーストテーパーになっており、The Answerシリーズのブランクスはネバリがあるので、AIRシリーズとは違うテイストです。

スクイールチャー バズベイト 3/8oz 

ヒロ内藤度の高い組み合わせから、BOOYAHのスクイールチャー バズベイト3/8ozからスタートしてみました。6.4フィートとロッドのレングスが伸びた事でバズのリトリーブパスの軌道修正を取りやすくなっています。

スクィーク音とスイッシュ音が素敵なバズベイトですが、ロッドもルアーも良いモノを市場に送り出してくるヒロ内藤さんは改めて凄いと感じますね。

RC1.5

Wizard CS6.4のCSとは、クランクベイト&スピナーベイトの意味なのでクランクベイトを試さない訳にはいきませんよね、ラッキークラフトUSAのRC1.5を使ってみました。先日、淀川で久々ににクランクで釣れたので試してみました。

このサイズのシャロークランクは使っていて気持ちが良いですね、ルアーの振動もカーボンロッドなのでしっかり伝わりウィード等が絡むと直ぐに察知できます。リアグリップの長も丁度よくギブンアクションを与える時やキャット後のロッドの持ち替え時にもグリップが邪魔にならないです。

バイブラフレックス 1/2oz

バイブラフレックス 1/2ozを試してみました。スピナーベイトの使用感も良い感じでボク的にはシングルブレードのスピナーベイトの方がリトリーブも軽快でバイブレーションも大きいので好みなんですが、今回はタンデムブレードを使用してみました。

バイブラフレックス自体がブレードが前後逆回転に回るスピナーベイトなので高速で引いても倒れにくい特徴を持つスピナーベイトなのでバーニングから通常のステディーリトリーブまで試しましたがバットが負ける事もなく使えました。

ロッドの長さを考えると3/8OZのシングルウィローをジャークして使ってみたくなるロッドです。

へドン バイユーブギ

カタログでも紹介されていたバイユーブギのリフト&フォールも試してみました。ロッドのテーパーが7対3の割合で曲がるので、ホップさせる時のアクションもやり易くパワー負けは感じません。

ファーストリトリーブで巻いて来てもロッドがしっかりしてくれているので快適に釣りが行えます。ロッドワークの釣りも良いですし、テキサスリグやノーシンカーワームの釣りもこなせそうです。この辺は汎用性の高いWizardらしさを感じます。

レーベル ハンプバック

こちらはリールをタトゥーラSV TWを乗せて実釣してみました。ハンプバックの高速リトリーブやトゥイッチを試して見ました。ハンプバックは軽いのでキャストはチョット難しくなりますが、ファーストリトリーブでの使用にはパワー負けしないので使い易いです。

原点回帰 ザラスプーク

広い範囲をトップで釣るのに HIROismシリーズのスピナーベイト66と言う6.6フィートのミディアムパワーのロッドを使ってたりしたのですが、2インチ短いだけですがロッドワークの操作性が格段に上がります。

Wizard CS6.4の方が先調子でバットパワーもあるのでザラスプークをロングキャストしてもアクションの伝達が良くドックウォークのアクションも機敏に動いてくれました。淀川本流の釣りには、とても良さそうです。

ボーマー FAT-A

ボーマーのFAT-Aもスティディーリトリーブでボトムノックしても感度がよく巻き抵抗でロッドが負ける事もなく感度も上々です。とくにダイブ&スィープでルアーをコントロールする時にクランクがボトムにコンタクトした瞬間や地質の変化も感じ取れる優れたロッドです。


The Answer/Wizard CS6.4とのA.I.R Wizard 6.2の違い

HIROism A.I.R Wizard6.2

HIROism A.I.R Wizard6.2と比べるとロッドのネバリがThe Answer/Wizard CS6.4の方が強く感じますし、パワーもこちらの方が若干強いように感じます。使っていてロッドの軽さは HIROism A.I.R Wizard6.2の方がロッドレングスが短い分、爽快な使い心地です。

リアグリップの長さはそんなに変わりはなく、ロッドのブランクス部が2インチ長いように作られています。 Wizard6.2はヒロ内藤さんの話ではジャーキングの長さの限界と言われていますので、1本のロッドでジャークベイトでジャーキングもすると考えるならWizard6.2を選択した方がいいかも知れませんね。

また、ミディアムアクションのWizard6.2でヒロ内藤さんは3/4OZのスピナーベイトを使ってバーニングリトリーブもされます。以前のYouTube動画でロッドの表記を間違っていると思いコメントしたら Wizard6.2を使っているのは間違いとコメントを下さり更にシュチュエーションによるロッドの選択も教えて頂けました。

このコメントからボクが感じた事はロッド選びも大事だけれどもルアーリトリーブに負けない体幹のあるフィジカルも釣りを通して鍛えなければと感じました。


The Answer/Wizard CS6.4と歴代 HIROismロッドとの違い

HIROismのロッドには過去のモデルの中でクランクベイト、スピナーベイトに特化した6フィート以上のレングスのロッドが存在していました。

・HIROismシリーズ スピナーベイト66

・HIROism A.I.Rシリーズのバンガード67

The Answer/Wizard CS6.4はチョット手が出せないけど旧モデルでクランキングとスピナーベイトを楽しむならこの2本がおすすめです。

ロッドの特徴としてHIROismシリーズ スピナーベイト66はルアーザスピリットの映像でも出てくる名前の通りスピナーベイト専用のロッドです。中弾性カーボンなので粘りがありますし、時代的に古いモデルなのでモッタリしているのは仕方ありませんが、汎用性の高いロッドになっています。

HIROism A.I.Rシリーズのバンガード67は素材自体がシャッキとした感じのロッドです。テーパーは Wizard CS6.4や6.2に比べるとやや胴調子のロッドで、ルアーザスピリットのワーム編でも登場したロッドです。


ヒロ内藤さん監修の第3のWizard CS は作られるか?

YouTube  HIROism

現在、ヒロ内藤さんが開発されているロッドは6フィート以下のショートロッドですが、早く完成したロッドを見てみたいと思うのはもちろんなんですが、ショートロッド以外のモデルはどうなるのかと考えているファンの方もいると思います。

ショートロッドの次はクランクやスピナーベイトのロッドと考えてしまうのはボクだけではないと思いますが、どうでしょ? 6.6フィートの2ピースモデルも良さそうですし、6.2フィートのモデルの2ピースのバーサタイルモデルもいいかもしれませんね。

やはり!Wizard CS6.4に似たコンセプトのロッドを作られるのか? 皆さんは、次はどんなHIROismロッドを作ってもらいたいですか?


おわりに

今回はHIROism A.I.R The Answer/Wizard CS6.4のインプレをさせていただきました。    Wizard CS6.4を使った感想としては汎用性に優れたロッドと言うのが率直な感想ですし、ヒロ内藤さんの使用頻度が高いのも頷けます。

ボク自身もHIROismロッドを各種使っていますが、最新のThe Answerシリーズのロッドはやはり素晴らしいので、旧タイプのロッドを使う頻度が落ちています。

新たなロッドが近々発表されるのでしょうが、The Answerシリーズに何処まで近づけて来るのかも 個人的には楽しみな部分です。

もし、 The Answerシリーズに触れる機会があればHIROism体感してみてはいかがでしょうか

この記事が参考になれば幸いです。


コメント

  1. 次男坊 より:

    ヒロズチョイスのラインに
    セットアップしたいので

    カリプソSJ522L

    カリプソLJ522L+

    カプリコーン582M

    ウィザード642MH

    な感じで、
    絶対に欲しいところです!

    果敢に攻めるためには
    必要なのです!!

    出たならば、スティーズも
    4台買っちゃうかも!(笑)

    • NAGAMASA NAGAMASA より:

      次男坊さんコメントありがとうございます😁

      新作ロッドもショートロッドだけではなく、クランキング&スピナーベイトのロッドに
      トップウォーター用のカプリコーンやバウンスも欲しくなりますよね
      もし、販売されなかったとしてもダイワの製品から使ってもらえるとユーザー的には真似しやすい
      ですから、昔の内藤さんのようにオールダイワのタックルセットアップも見てみたいです😆

      物欲爆発でスティーズ4台いっちゃって下さい🤣

タイトルとURLをコピーしました