「伝承!」ヒロイズム カリプソLJ2のインプレッション!

ロッドインプレッション

長かったですね~とうとう手元にヒロイズムのカリプソLJが届きました。ヒロ内藤さんのファンはもちろんの事ヒロ内藤さんのYouTubeチャンネルを見ている方も気になっていたロッドだと思います。

近年はショートロッドが見直されて各メーカーが販売していますが、ヒロ内藤さんが開発したショートロッドなると期待値も上がると思います。

また、逆に興味はあるけど5.2フィートのショートロッドを使うのに抵抗があったり使用感はどうなのだろうと不安に思われている方は是非、この記事を最後まで読んでください。

「伝承!」ヒロイズム カリプソLJ2のインプレッション!の始まりです(^O^)/


「HIROism!」新生 カリプソLJ2のインプレション!

ヘドン オリジナル・ザラスプーク

HIROism カリプソLJ2のタックルセットアップはリールはスティーズCTにラインはシルバースレッドSAR16lbをスプールして使いました。 カリプソLJ2を使った最初の印象はTHE Answerモデルよりも張りがあって硬い印象です。

カリプソLJ2を使うにあたり先ずはトップウォーターの使い心地を書いていきたいと思います。オリジナル ザラスプークを使用した時には3/4ozあるザラをキャストした時もロッドがパワー負けする事なくワンハンドでキャストできました。

また、スパイラルガイドシステムも飛距離を損なう事もなくルアーをキャストすることが出来ます。ショートロッドにスパイラルガイドのロッドは世界でもカリプソだけです。

ドックウォークアクションも5.2フィートのロッドなのでスライド幅の調整も思いのままに動かせますしハーフスティッピングをさせるのも問題ありませんでした。

REBEL POP-R P71

REBELのPOP-R P71を使いましたがこちらも使い易く首振りアクションも軽快にこなす事ができます。ポップ音とチャガー音の使い分けも以前のモデル同様にアクションがさせやすいロッドです。

ロッドが短くなったのでポッパーを引き切るダイブ&トゥイッチはやりにくくなるかもと思っていましたが、そんな事もなくポッパーに細かなアクションを付ける事ができるロッドです。

SMITHWICK ラトリンログARB1200

ボクは4インチ以上のジャークベイトはカリプソLJで操作していました。SJでも使えますがラトリンログARB1200クラスのジャークベイトはカリプソLJで使うのがボクの好みです。

今回のカリプソLJ2でのジャーキングやトゥイッチングアクションはロッドが硬い調子で作られているせいか、更にロッド操作がキビキビと動かせる印象です。リッピングは5.2フィートのショートロッドなのでやや限界がありますね。

今回のモデルはコイルグリップに変わったのでEVAと違って手の中でのロッドの滑りが滑らかに動くのでコイルグリップの良さの再発見ができました。

Bomber Square A B05SL

続いてシャロークランクベイトのBomber Square Aをキャストしてみました。実釣している場所はソフトべジテーションが生えているフィールドでしたので、クランクがウィードにコンタクトした瞬間を感じ取ることが重要になります。

カリプソLJ2は感度も申し分なくウィードをほぐしながらのクランキングやロッドワークを与えながらのリトリーブもバッチリこなせます。 B05SLサイズのクランクをファーストステディーにリトリーブしてもロッドがパワー負けすることはありませんでしたよ。

BOOYAH Mini Shad

3/16ozのスピナーベイトBOOYAH Mini Shadも使ってみました。小型のスピナーベイトなのでカリプソLJ2では操作がしやすいスピナーベイトです。ステディーリトリーブやバーニングリトリーブなどもしっかりこなしてくれます。

カリプソLJ2は様々なルアーが使える汎用性の高いロッドという印象を強く感じました。ただ、ショートロッドにも弱点はあります。

バンク沿いにリトリーブパスを取る時にはロッドが短い分カバーをかわしにくい部分もありますし、足場の高い場所ではルアーのゾーンがシャロー側に引っ張られる傾向が強くなります。この辺りのデメリットもある事を抑えて使う必要があります。

YUM フディーニシャッド

カリプソLJ2はワームの釣りもこなしてくれるロッドです。写真のようなジャークワームはもちろん使えますし、写真は取っていませんがストレートワームに1/8ozのネイルシンカーを入れたワッキースタイルも試しましたがキャストも出来て釣りとして成立します。


ヒロイズム カリプソLJ2は2ピースロッドと感じさせない作りとパワー!

カリプソLJ2はスーパースプークサイズのトップウォーターも使えるとヒロ内藤さんが仰っていたので試してみました。これぐらい重いルアーになるとキャスト時に2ピースのロッドの特有の繋ぎ目を感じたりするのでは? っと思っていました。

実際にキャストしましたが、繋ぎ目を感じる違和感はほぼありませんでしたし、スーパースプークサイズもワンハンドでキャスト出来たので驚きでした。アクションを与えていてもキビキビと動いてパワー負けする事はありませんでした。

このクラスのルアーが使えるのでひょっとしたらカプリコーンは作らないかもしれませんね!いや?5.8フィートのミディアムアクションを5.5フィートのミディアムヘビーアクションのカプリコーンを作ったりして。


新生ヒロイズム! カリプソLJ2のスペックを見てみよう!

引用 SMITH

新たに作られたヒロイズム カリプソのスペックを見て行きましょう。ボクが購入したのは2ピースモデルのCalypso LJ2です。1ピースモデルもありますが、携帯性を考えて2ピースモデルにしました。2ピースモデルでも1ピースモデルと変わらない使用感なので気に入っています。

バットエンドには伝承の文字が入ったエンブレムが埋め込まれています。コイルグリップと相まってシックなデザインです。グリップもTHE Answerモデルと同様の握りやすい形状と太さで仕上げられています。グリップのトリガー部は小さくなり指への負担が軽減されています。

スパイラルガイドの2ピースロッドなのでつなぎ目に目印が施されています。スレッドもバット部に数か所、巻かれておりロッドの見た目の高級感を持たせたデザインです。HIROismのロゴデザインもYouTubeチャンネルで使われているデザインに似ていますね。


THE AnswerカリプソLJとカリプソLJ2との違いを語る!

THE AnswerシリーズのLJと比べるとロッドの重量は若干ですが重くなっていました。以前のモデルがガイドにカーボン素材のAGSを使うなど値段に糸目を付けずに作られたロッドなので簡単には超えられないと思います。

しかしカリプソLJ2は安価に抑えて沢山の人に使ってもらう事がコンセプトの一つなのでこのスペックでこの価格はありがたいと思いますし、ルアーの操作性やキャスタビリティーは新生カリプソが上回っていると感じます。

そして、ロッドに刻まれたメッセージも変わりました。以前のロッドにはLure The Spiritの文字が入っていましたが、新たなロッドにはForever Bassfishingとメッセージがが添えられています。

“Forever Bass Fishing”

直訳すると「永遠なるバス釣り」となりますが、こちらを言い換えますと「素晴らしいバス釣りの世界を将来的にもっともっと面白くしていくために…」というような意味合いを含んでおります。

バスフィッシングは素晴らしいものです。

だから、「楽しんで行ける道具づくりを一緒に創造して行きましょう。」

このワードに賛同して頂いたヒロ内藤氏と共に、HIROismのプロジェクトが進行しました。

引用 SMITH

バス釣りの環境は厳しいですが、いい方向へ進めていく為のメッセージが刻み込まれています。THE AnswerカリプソLJとカリプソLJ2の使用感の違いは思っているよりもボクは感じました。ティストが違うのでカリプソLJ2を使うとこのロッドの世界観があって楽しいです。


おわりに

丁度、インプレション記事を書く為にカリプソLJ2をフィールドに持ち出して釣りをしていたのが木曜日でしたので、ヒロ内藤さんのYouTubeチャンネルに購入のご報告をさせて貰ったところ、ありがたい事に内藤さんから返信が帰ってきました。

いやー4年前から話されていたNEWロッドが完成し新たな攻めの釣りの面白さを様々な形で伝えて頂けると思うと楽しくなって来ますね!

今回の記事を読んでショートロッドを使った攻めのバス釣りを体感したいと思われたのならSMITHから発売されたHIROismカリプソLJ2を是非試してみて下さい。人気のあるロッドの為、初回生産分が手に入りにくい状況になっているようです。

この記事があなたのバス釣りの感動体験の助けになれば幸いです。


コメント

タイトルとURLをコピーしました