「バス釣りのコツは?」ゾーンとスピードとアクション!

タクティカル フィッシング

今回はヒロ内藤さんがPLADCO JAPAN NEWS VOL17で解説しているバスを釣る為のコツとも言えるルアーのゾーン・スピード・アクションについての考えを紹介します。

内容はバスをルアーで釣る時に大切になる重要な要素であるゾーン、ルアーをどのレンジ(水深)で使うのか、ルアーを動かすスピード(速度)はどうしていくべきか? そして、ルアーにアクションを与えるにしても何に注意したら良いのかを解説しています。

この3要素の前にバスの季節に対しての行動であるシーズナルパターンを理解しておくことは当然なことです。シーズナルパターンを理解した上で話を進めて行きたいと思います。

では!ヒロ内藤さんのバス釣るのコツ! ゾーン・スピード・アクションの紹介です (^O^)/


知ってますか?活性によるブラックバスがルアーに反応できる距離!

img016
 PLADCO JAPAN NEWS VOL17

ブラックバスはその日の活性によってルアーへの反応距離が変わってきます。高活性な状態のブラックバスなら1.5mくらい離れた距離のルアーに反応して追いかけるでしょう。

しかし、それ程、お腹も空いていないニュートラルな状態のバスは水温や水深などの条件が同じであってもルアーへの反応距離が50cm~70cmになります。更に満腹のバスでは30cmと言われていますし、水温が低下すると反応エリアは15cmくらいまで狭まります。

ブラックバスの活性の一番いい条件と悪い条件のストライクゾーンを体積で比べて見ると上の図のように1000倍の違いになってしまいます。条件が悪くなるとかなりシビアになることが分かって頂けたと思います。

また、バスの目の位置などの関係で反応しやすい方向があり1000倍が当てはまらないかも知れないですが、かなりシビアになるのは間違いないようです。

例えば50cmのバスの尾びれ側にルアーをプレゼンテーションしたとします。活性が良ければ体を反転してルアーに顔を向けるでしょうが、とても活性が悪いと半径15cmしか反応しませんので、ルアーには見向きもしない事が想像出来ると思います。


ステップ1 ゾーンを見つける事はバスを釣る為に最重要!

バスの習性と生態を理解した上で今の季節には、バスはどのゾーン(レンジ)に居るかを考える必要があると同時にそのバスの状態(ムード)も考慮しなければならないと思います。

例えば、1.5mより浅いゾーン(レンジ)を釣る場合に、春の季節の産卵を意識したバスと秋の冬に向けて活発に捕食するバスでは同じ1.5mにいるバスでも状態が異なります。バスのシーズナルパターンを理解していないと釣果に結びつきません。

また、同じ時期でも気圧の違いや前日に降った雨でバスの行動や留まる水深に違いがでますので、この辺も考慮に入れていきたいです。

また、水深が浅いシャローの釣りでは、わずかなゾーン(レンジ)の違いで釣果が大きく変わる事もあるので注意が必要になります。

例えばトップの釣りをしている時に表層でドックウォークさせていてバスが出ない時に少し潜るようにアクションを変化させるだけでバスが反応したりします。

また、ミノーのジャーキングでルアーを追いかけては来るのだけれどバイトまで行かない場合に10cm余分に潜るミノーに変えるとバイトしてくる事が起こるのがシャローゾーンです。

逆にディープを攻めているのであれば、30cm以上のゾーン(水深)の変更をすることでバスが居るゾーンを見つけやすく釣果に結び付きます。


ステップ2 ゾーンが決まったら次はバスの反応の良いスピードを探し出そう!

img017

狙うゾーンが決まったら。次は、どれぐらいの速さでルアーをリトリーブしてバスにバイトさせるのかを考えましょう。

プラスチックや鉄の塊のルアーでバスを釣る為には、バスにルアーを噛み付かせる要素が必要になってきます。エサ釣り的な発想だったらスピードにこだわる必要はないでしょうが、ルアーに精通したいのであればスピードを考える事は必要になってきます。

ルアーのベストなスピードは1つではありません、状況によって早い方がいい場合や遅いスピードの方がバイトしてくる事もあるので変化します。

例えばスピナーベイトのスピードを考えてみましょう。スピナーベイトは表層からボトムまで幅広く使うことの出来る優秀なルアーです。スピナーベイトはリールを巻くスピードでゾーンを変える事もできますが、それだけでは対応できない場合があります。

1.5mのゾーンを引いている時、リアクションバイトを狙って、同じ1.5mを今のスピードより更に早く引きたいと考えた場合にどうするか?

この、どうするか?が大事な部分になってきます。

普通に考えると同じスピナーベイトのウエイトの重いスピナーベイトを使えばスピードが上げられますが、重さの違うスピナーベイトがなければどうしますか?

上の図にあるように、スピナーベイトのアームを絞り込んだり、ワームシンカーを足す事によってリトリーブスピードが上げられます。また、トレーディングブレードのサイズを小さいモノに交換することでもスピードの調整が効きます。

狙うゾーンに対してのスピード調整が出来る事でゲームに対しての再現性も上がり、自身のアプローチに自信が持てるようになると考えます。

人はバスからの反応が無いとスピードを遅くする事を考えがちですが、バスの競争心を刺激すのならスピードを上げてリアクション バイトを狙うのも一つの方法ですし、透明度がある場所でもルアーを見切られないように早いスピードのアプローチが有利になります。

また、シャローでの釣りではルアーを頻繁に交換する事よりもスピードの変更をして行くことが結果に繋がる事もありますし、その上で反応がなければ再度ゾーンの設定の見直しも出来ますのでゲームがシステマティックに進める事が出来ます。


ステップ3 更にバスをルアーへ反応させるためのアクション!

 PLADCO JAPAN NEWS VOL17

バスのいるゾーンが分かり条件に合ったスピードの設定が出来てくると釣果が急激に伸びていきいます。バスの活性が良いのであれば、ルアーのレンジとスピードが合えば釣れます。

しかし、プレッシャーが高いフィールドになると2つの要素だけではなかなかバスは口を使ってくれないのが現状です。

ルアーには元々組み込まれたビルトインアクションがありますが、ロッドワークによって与えるギブンアクションで、ルアーに備わっている動き以上のアクションを作り出す事が出来ます。

この突発的な動きであるギブンアクションはバスとルアーの距離を詰めさせて最終的にバスに間違いを起こさせる有効な要素になってきます。

また、ミノーを使っていたとして、ジャーキングやトゥイッチングなどのアクションも同じリズムで行わずアクションを与える方が効果的です。また、不規則な動きを与えるだけでは無く組み込まれた動きが全く違うタイプのジャークベイトに変える等、バスにインパクトを与える事も良い方法です。

ルアーアクションで勘違いしてはいけないのがゾーンとスピードが決まてからでないとアクションの効果が半減してしまうのでプロセスどうりに詰めていきましょう。


ヒロ内藤流ルアー塾! ゾーン・スピード・アクションの動画をまとめてみた!

2016年から始まったヒロ内藤ルアー塾がYouTube動画で開講しました。ボク自身もヒロ内藤ルアー塾に参加しました。とてもバス釣りをする上で大切な部分のお話が聞ける講義です。

ボクも3回の講義を聞いて伝承者の認定を貰いましたが、ヒロ内藤塾でお話を聞くと毎回釣りに対しての考え方として得るものが多い内容でした。

今回、紹介したテキストとここに紹介している動画を合わせて学ぶ事で更に理解が深まります。


シャローレンジの概念

ヒロ内藤さんがバスを釣る為のルアーを通すゾーン(層)を3つに分けてゾーンの大切さを解説しています。この動画では表層から5フィート(1.5m)のシャローゾーンに対してのバス釣りのアプローチについてのお話です。

シャローゾーンの釣りはバス釣りで使用するルアーの基本が詰まっているゾーンであり、このゾーンの釣りで自身の釣りを見つめ直す事も出来る釣りを学べるレンジだそうです。


ディープレンジの概念

ディープゾーンでルアーが湖底や障害物にコンタクトする事で得られる情報の大切さを学ぶ事ができる動画です。ディープゾーンは10フィート(3m)以上の水深を指しますが、この動画では2つの考え方を紹介されています。

ディープクランクを例にとってディープゾーンでの釣りの大切な要素を学べる動画になっています。また、ボトムを感じる大切さをワームの釣りで解説しています。また、ボトムを感じるためのトレーニングも解説されています。


ミッドレンジの概念

5フィート~10フィートのミッドレンジの釣りをする上での大切な部分を解説しています。ミッドレンジはルアーコントロールが難しい釣りです。ルアーのゾーンコントロールのやり方を解説しています。

クランクベイトのように巻けば決まったレンジに潜るルアーのレンジコントロールは容易ですが、スピナーベイトやバイブレーションなどのシンキングルアーのレンジコントロールのトレーニング方法を紹介しています。


リトリーブスピードの概念

この動画ではルアーの3大要素のスピードについてヒロ内藤さんが解説しています。ルアーのリトリーブスピードの決め方はこれまで釣りをして来た経験から導き出されていますが、その経験が足かせになる場合があります。

活性が悪い場合に通常のリトリーブでは反応が悪い場合があります。固執したリトリーブスピードの考え方を変えるための素晴らしい内容の動画になっています。


ルアーアクションの概念

この動画ではルアーのゾートとスピードを決めた段階で更に釣るために必要なアクションに対して理解を深めるための動画です。

ルアーにはもともと備わったビルトインアクションとロッドワークによるアクションそしてルアーのチューニングによるアクションの変化について解説しています。


おわりに

今回は2004年7月号のPLADCO JAPAN NEWS VOL17のヒロ内藤さんが書かれた記事を紹介しました。初心者の方向けの内容のように捉えがちですが、記事内容と動画の内容に中級者の方も新たに気付くことが多く含まれていたと思います。

案外、闇雲に好きなルアーをキャストしていたり、流行りのルアーを信じてキャストしている人が多いのではないでしょうか?

バス釣りを3大要素を使い切ってゲームを組み立てられるようになるとバス釣りがシステマチックになり考え方も整理でき釣りをしている中でもダメな要素を排除しやすくなると思います。

この記事が参考になれば幸いです。


コメント

タイトルとURLをコピーしました