意外に古い歴史を持つ!フロッグ&スカムルアーの歴史と起源!

フロッグ&スカムルアー

フロッグルアーやスカムルアーはどのような歴史を持ったルアーなのでしょうか?フロッグルアーの歴史は1800年後半にジェームス ヘドン氏がホウキの柄から作り出したフロッグルアーにまで、遡ると起源が見えてきます。

そして、1900年代に入ると世界で最初のハードプラグが登場しますが、ムーンライト社からソフトプラスチックを使ったスカムルアーの原点になるルアーも作り出されます。

1950年代に入るとビル プラマー氏が娘さんに与える目的で買ったカエルのおもちゃにフックを付けて現代のフロッグルアーの原型を作り出します。この出来事には日本も少なからず関わっている点が興味深いです。

では!! 意外に古い歴史を持つ!フロッグ&スカムルアーの歴史と起源!の始まりです(^O^)/


ジェームス ヘドンが作った最初のハードルアーはフロッグルアー!

初期のフロッグプラグ

ジェームスヘドンが友人と釣りに行く為に待っている間、木切れを削って待っていました。友人が仕事を終えてやって来ると、木切れを湖に投げ入れた瞬間、バスが飛び出す事を経験してから、1898年からウッド製のフロッグルアーを作り出します。

初期のフロッグプラグは上の写真のようなリアルさはなく、ジェームス ヘドンがホウキの柄を削って作られた物で友人に8個だけ作ったもので、最古のプラグだそうです。

引用 プラドコジャパンニュース

その後、形をリアルなモノに成型して写真のフロッグプラグへと進化していきます。フロッグプラグの現存する数は4~5個と少なく、歴史的に見ても貴重なプラグです。


1911年にスカムルアーの原点、ムーンライト フィッシュ ニップルが販売

スカムタイプのルアーの歴史は古く1911年にムーンライト・ベイトカンパニーが特許を取り販売していた。Moonlight Fish Nipple (ムーンライト フィッシュ ニップル)と言うベルのような形をしたゴムにフックが取り付けられたルアーが現在のフロッグ、スカムルアーの原点と呼ばれています。


ムーンライト・ベイト・カンパニーは1908年12月にミシガン州のポーポーでホレス・ボールとチャールズ・ヴァーニーによって設立されます。

彼らはムーンライト・フィッシングクラブと呼ばれるフィッシングクラブの一員で、メンバーは日中に釣りをする時間がほとんどなかった為、夜釣りをしていました。ホレス・ボールはミシガン州ポーポーの郡裁判所の管理人で、裁判所の地下室で初期のフローティング・ナイトベイトを作っていました。

フローティングベイトはウッドベッカータイプと呼ばれるトップウォータールアーでボディの塗装に夜光塗料が使われています。

1925年のムーンライト社のカタログ抜粋

フィッシュ・ニップルはシンプルな内部にはウェイトがあり、ホースヘアーが付いています。フィッシュ・ニップルは、ムーンライト・ベイト・カンパニーの初期のルアーのひとつです。

カタログにはべジテーションの中を現代のウィードレス、スカムルアーのように使うことでバイトした時にフックが露出する構造が説明されています。面白いのがトローリングで沈めて使う使い方も紹介されています。


1957年ビル プラマーが玩具のフロッグをルアーにチューニングして販売

ビル プラマーが販売していたスーパーフロッグ

フロッグルアーの起源を辿ると1957年、マサチューセッツ州の歯科医院に行きつきます。5歳のベス・プラマーは診察を受け、泣かなければ、玩具をくれると父親と約束しました。そのご褒美は、ゴムのボールがついた小さなカエルで、ボールをギュッと握ると飛び跳ねるおもちゃでした。

その夜、父親のビル プラマーはそのカエルを見て、「これはすごいルアーになる」と思いつきます。彼は、その玩具に数年前に特許を取得していたウィードレス・フックを取り付け、サドベリー・リバーで釣りをしバスをキャッチします。

ビル プラマーはカエルの玩具が日本の製造元である事をを突き止めて数百個も注文したそうです。当時、彼はまだ飛行士のインストラクターとして働いていました。

朝3時に起きて5時までフロッグルアーを作り、それからウェストボロ空港に出かけ、仕事終わりや週末にはタックルショップを訪ね、自分で作ったフロッグルアーを店で扱ってもらえるようセールスしていました。

ハリソン・スーパーフロッグ

早起きしてフロッグのマーケティングを2年間続けた彼は、ハリソン・ホージ・インダストリーズ社から電話があり、作り出したフロッグとビル プラマーが考案した他のルアーも製造・販売することを提案されます。ビル プラマーはチャンスをモノにし、毎週契約の小切手を受け取る事になります。

ビル プラマーはワイヤーガードのウィードレス フックの特許を取得しましたが、アメリカ国内のみのパテントでしたので他国でコピー品が販売された時は問題になったそうです。現在はハリソン社は残念ながら会社を継続していません。

ビル プラマーは早くからキャッチ・アンド・リリースの提唱者で、亡くなるまでの40年以上の期間、彼は釣った魚をすべてリリースしていた。2006年にはビル プラマーは伝説のアングラーとして全米淡水殿堂入りを果たした。

プラマーはその1年後の2007年3月30日、マサチューセッツ州マールボロの自宅で死去。享年85歳でした。


1961年スナッグプルーフ社を創業しソフトプラスチックのフロッグを製作

オハイオ州はソフトプラスチックルアーの発祥の地と言われています。オハイオ州は自動車部品の産業が活発だった地域でタイヤメーカーのグッドイヤーもここオハイオ州にあり、全米のタイヤを9割以上も製造していたそうです。

オハイオ州にはフレッドアーボガストがグッドイヤーに勤めており、タイヤのゴムからヒントを得てラバースカートの原点になるフラスカートを作り出しています。また、プラスチックワームを最初に作り出したクリーム社もオハイオ州で創業しています。

そんな、オハイオ州で広告関係の仕事をしていた、ハリーイーラーという人物が1961年にスナッグ・プルーフ社を創業しソフトプラスチックのフロッグルアーを製作します。

ハリーイーラーは生ゴムを溶かして作る長靴の製造工程を見てそこからヒントを得て、中空のフロッグルアーを作り出します。スナッグプルーフは年間100万個を販売しアメリカのルアー殿堂入を達成します。

その後、スナッグプルーフ社は息子が後を継ぎ製造、販売を続けます。マーケットの広いアメリカでも100万個のルアーをセールスをする事は凄いことのようです。2019年にスナッグプルーフはアメリカン・ベイトワークスに買収されます。


ヨーロッパの家具を輸入していたガルシアコーポレーション

ガルシアフロッグ

ガルシア コーポレーションはヨーロッパの家具を輸入していましたが、1947年にミッチェル社の輸入代理店になってスピニングリールを輸入販売します。1956年にはアブ社の輸入代理店になります。

1974年、ガルシア社は釣具市場で圧倒的な力を持ち、ミッチェルの大株主になります。1978年までに、財務上の懸念からガルシア コーポレーションはミッチェルの販売を再編成しますが、1979年には破産宣告を余儀なくされます。

1978年にはアブ社がアメリカに進出しガルシア コーポレーションを買収しアブガルシアになります。ガルシアフロッグは1970年代後半に登場します。ボディは中空ではなく足もリアルに作り込まれています。

経済不況と環太平洋メーカーとの競争激化がもたらした情勢は、1981年にミッチェルに破産を宣告させた。現在はピアフィッシング社がアブガルシアを保有しています。


おわりに

意外に古い歴史を持つ!フロッグ&スカムルアーの歴史と起源!を最後までお読みいただきありがとうございました。ジェームス へドンから始まったフロッグルアーの歴史ですが様々な変化を遂げて今の形がある事が学べたと思います。

夏のフィールドで濃いべジテーションの中を果敢に攻められるルアーはあまりありませんので、使われる機会も多いと思います。突然のバイトに心臓が口から飛び出しそうになるのも、この釣りの魅力です。

リリーパッドの上を泳ぐフロッグを見ながら歴史を振り返ってもらえるとフロッグゲームがより楽しくなると思います。

ボクはX(旧Twitter)でもバスフィッシングの情報を発信しています。記事を読んで興味を持ってもらえたら「X(旧Twitter)のフォローやいいね!」を頂けると今後の活動の励みになります。

意外に古い歴史を持つ!フロッグ&スカムルアーの歴史と起源!があなたのバスフィッシングライフのサポートになれば幸いです。

では!!よい釣りを(^O^)/


コメント

タイトルとURLをコピーしました