「バス釣りのウェア」オカッパリでの服装はこれがベスト!

フィッシングウェア

これから趣味としてバス釣りを始めようと考えている方も多いと思います。しかし、バス釣りにはどんな服装で釣りに行ったらいいのか初心者の方やアウトドアの経験のない人は戸惑うモノです。

そこで、今回はバス釣りに最適なウェアとはどんなものなのか紹介したいと思います。ボクが紹介したウェアを参考にしてもらえると幸いです。

バス釣りは春や秋の寒暖差がある季節では体温調整がしやすい衣装のコーディネートを考えておく必要があります。夏は吸水速乾性の良い衣類が必要になりますし、冬は防寒性の高い衣類を身につける必要があります。

今回はオカッパリでのバス釣りのウェアについて考えてみましょう(^O^)/


オカッパリのバス釣りは収納性と体温調整を考えたウエアが重要!

オカッパリでは小さく収納できるアウターは便利!

オカッパリでのバス釣りでの服装で考えて置きたいのが、早朝から遊ぶバス釣りでは朝露で衣類が濡れたりしないように撥水素材のモノを選ぶ事です。そして雨の中でも釣りをする事がありますので、防水加工がされたウェアも必要になります。

三寒四温のある春や寒暖差のある秋は体温調整をする為にも蒸れの少ないドライな環境を保ってくれる衣類が望ましいです。ドライな環境を保てる事で釣りに集中する事ができます。

また、フィールドの状況によってウェアを着たり脱いだりする事が多くなるので、収納しやすいコンパクトなウェアが必要になります。


ボクが冬のバス釣りでオカッパリで着るウェアや小物はこれだ!

冬のバス釣りで着るウェアや小物 

・撥水加工された中綿入りアウタージャケット

・フリース又はダウン

・撥水加工されたパンツ又は厚手のパンツ

・帽子 偏光グラス グローブ

釣りをしていて寒いと集中力が切れて釣り自体が楽しめなくなるので、寒い時期は暖かい服装で釣りに臨みたいですね。ボクの場合は気温よってインナーのフリースの厚さを調整するようにしています。アンダーウェアも保温性のあるものを着用し釣り場でもし暑ければフリースを脱ぎます。

ボクはかなり気温が下がった日のウィターバッシングではダイワのレインマックス ウィンタースーツを着て釣りをしています。冬の晴れた日なら暑いぐらいの保温性があるスーツです。

スノーボード ウェア メンズ 中綿 ジャケット アウター ラスト ...
コロンビア ラストトラックスジャケット

もう一着がコロンビアのスノーボードウェアのアウター ラストトラックスジャケットです。中綿入りでコロンビア独自の防水透湿機能オムニテックが外部からの雪や雨の侵入を防ぎウェア内のムレを最小限に抑えます。普段着としても着れる優れたデザインです。

冬用のフィッシンググローブはカイロも入れる事ができるモノもある

グローブや帽子は厚手の冬用のモノを着用し暑ければ脱いで体温調整をしています。汗をかいて汗冷えしないように注意が必要です。


ボクが春や秋の時期にオカッパリでバス釣りする時に着るウェアはこれだ!

春の暖かい時期に着るウェア

・撥水加工されたウィンドブレーカーやジャケット

・長袖のシャツや薄手のフリース

・撥水加工されたパンツ

・帽子 偏光グラス グローブ

4月後半からは昼間は長袖のシャツぐらいが快適ですが、朝夕は冷えるのでウィンドブレーカーや薄手のアウトドア―ジャケットを着ています。ボクの場合はアウターをコンパクトに畳めるThe North Face VENTURE 2 JACKETを着ているので暑くなったらアウターをまず脱いで温度調整をします。

即納】THE NORTH FACE VENTURE 2 JACKET マウンテンパーカー ...
The North Face VENTURE 2 JACKET

インナーは長袖のTシャツや薄手のフリースをその時の気温によってコーディネートするようにしています。この時期になるとニットキャップからメッシュのキャップに変えグローブも全ての指が出ているタイプのモノを使う様になります。

また、この時期はボクもそうですが、花粉症の方はマスクとメガネや偏光グラスで花粉をガードする事が重要ですね。


梅雨の時期でも釣りを楽しためのレインウェアを考える

≪可愛い≫【お買い得!!】【ダイワ】2020DR-52120J (ストレッチ ...

梅雨の雨の中でもバス釣りに意欲的に出かけるアングラーの方も多いと思いますが、そんな時に大切になるのがレインウェアです。

ボクも人が少ないので雨の中、釣りに行くことがありますがレインウェアも釣り具メーカーや登山がメインのアウトドアメーカーなどから販売されています。両方を着用した経験から言わせてもらいますと釣りをする上では釣り具メーカーのレインウェアが機能的に優れていると感じます。

キャストしたりする動作やフードを被ってフィールドの状況を見たりする時の視界もボートでの釣行時も優れた機能性が感じられます。

登山系のアウトドアメーカーも機能は良いのですが、釣りをする動作に対しての防水性は劣ります。しかし、ファッション性やデザインはコチラの方が普段使いも考えると着やすいです。


ボクが夏の時期にオカッパリでバス釣りする時に着るウェアはこれだ!

モンベルのアームカバー
夏の暑い時期に着るウェア

・吸水速乾性の高い長袖のシャツ

・撥水加工された通気性の良いパンツ

・帽子 偏光グラス グローブ

夏でも長袖のTシャツを着ている方が虫刺されやイバラなどの植物による擦り傷から身を守るので良いです。半袖のTシャツとアームカバーを組み合わせるのもありですね。

また、短パンで釣りをしたい人はタイツと組み合わせる事で肌の露出を抑えて長いズボンよりも通気性が良く涼しく釣りを楽しむ事ができるコーディネートも考えられます。

また、日焼け止めも夏場には日焼けによる疲労軽減の大切なアイテムになります。ボクのように、日焼け止めを塗るのが苦手な方はグローブやフェイスカバーを利用する方法も日焼け対策になります。


レインブーツも良いけど! 防水シューズも使い勝手が良いアイティム!

1116213
コロンビア セイバー4

また、最近は防水性の高いシューズが販売されていますので、防水シューズと組み合わせる事で足元が軽快になります。通常はレインブーツを履いて釣りをする人も多いと思いますが、レインブーツの利点としては少し水中に入る事でキャスティングのコース取りが楽になります。

しかし、移動の際にはクッション性が無いので疲れやすいのが難点です。水中に浸かるまではしなくても少し水に浸かったくらいで入水しない完全防水なシューズが各社から販売されています。

ボクも2021年からコロンビアのセイバー4というトレッキングシューズを履いていますがとても便利で軽快に釣り場の移動ができます。


バスフィッシングをするなら偏光グラス帽子は必須ですよ!

バスフィッシングのウェアと共に大切なのが帽子と偏光グラスです。帽子はハットタイプでもキャップタイプでもどちらでも似合うモノを身につけて日射病やルアーのフックから頭部を守るようにして下さい。偏光グラスも紫外線とルアーのフックから目を守る為に付けましょう。

偏光グラスは水中の様子を見る事ができるので、魚探を持たないオカッパリの釣りでは大切なフィールドの情報を収集する手段になります。

どの様な釣りでも釣りをする上で使用するルアーには釣り鈎が付いていますので、キャストした時や根掛かりを外した時などに目を危険から守ることが出来るので着用しましょう。


春は実は紫外線が多く降り注ぐ季節!紫外線対策も重要!

春の季節は以外に紫外線量が多い季節でもあります。夏場と紫外線量は変わらないので日焼けで肌や目を傷めつけてしまう事になるので、日焼け止めクリームや帽子で紫外線をカットしていきましょう。

日焼けは思いのほか体にダメージを与えているもので、釣行の翌日に疲れが取れない原因にもなるので無駄に紫外線を浴びないように気を付けるべきです。


おわりに

今回はバス釣りに着て行くならどの様な服装が良いのかを経験を踏まえながら書かせてもらいました。春のはじめは三寒四温が激しく思いのほか防寒しないといけない場面に遭遇します。

また、季節が進むと夏場のような暑さの時もあるので体温調整がしやすいコーディネートを心がけたいものです。

バス釣りでは半袖のシャツやズボンを着ている人を見かけますが、藪漕ぎしたり転倒したりすると直接怪我をしますし、日焼けもするのでおすすめしません。ファッションを楽しむのも大切な要素ですが自然のなかで遊ぶので怪我や事故は避ける努力をしましょう。

この記事が参考になれば幸いです。


コメント

タイトルとURLをコピーしました