たった10分で学べる!スプリットショットリグの使い方!

ワーム

スプリツトショットリグはカリフォルニア州で生まれたリグでフィッシングプレッシャーが高い透明度の良い湖のバスを釣る為にキャロライナリグから派生して生まれた釣り方です。

キャロライナリグとの違いは誘導式のシンカーを使わずに固定式の軽量のガン玉(ショット)を使ってリグる点です。軽量のショットを使う事で沈下率が抑えられワームの動きもナチュラルなのが特徴です。

バスフィッシングはベイトタックルが主流でしたが、スプリツトショットリグが登場した事よってバスフィッシングでスピニングタックルを使用するのが、増える事にも繋がりました。

たった10分で学べる!スプリットショットリグの使い方の始まりです(^O^)/


「とっても簡単!」スプリットショットリグの仕掛けの作り方を学ぼう!

スプリットショットリグの作り方は、とても簡単です。用意する物は・ワーム・オフセットフック・スプリツトショットです。

スプリットショットシンカー右が羽根つき

メインラインとオフセットフックを結びワームを取り付けます。そしてメインラインにスプリットショットを挟んで取り付けて完成です。スプリットショットにも様々な形状のモノがあり写真のようにショットを開きやすくする為に羽が付いたモノもあります。

メインラインにスプリットショットを挟む為ラインにキズが入らないように注意して取り付けて下さい。ラインを保護する為に内側にゴムの付いたスプリットショットも販売されています。

ショットにラインを一周巻き付ける

そのままメインラインにスプリットショットを挟んでリグを作るのも良いのですが、釣りをしているうちにシンカーがズレてしまう事があるので、ラインへの負担は増えますが、ボクは写真のようにショットにラインを一周巻き付けて締め付けてから固定することこあります。

PEラインを使用する場合にはPEラインにスプリットショットを取り付けると摩擦でラインブレイクしますので、ナイロンやフロロカーボンラインのリーダーシステムを組んでからリグを作って下さい。

続いてスプリットショットリグのショットの重さやリーダーの長さの決め方を考えてみましょう。


リーダーの長さはボトムの地質に合わせて選ぶとイイ!

バスプロのゲーリークレイン氏のスプリットショットリグのリーダーの長さの決め方とスプリットショットの選び方が参考になるので紹介します。

地質の硬いハードボトムのストラクチャーの上をスプリットショットリグで釣るときに、フックから10〜12インチ(約25cm~30cm)の位置にスプリットショットを取り付けます。

底の地質が柔らかいときのリーダーは15~18インチ(約38cm~46cm)に伸ばします。

12フィートまでの深さではクライン氏は小さなBBショットを選びます。より深い水深を釣る場合サイズNo.4からNo.7のより重いショットを使います。最も重いNo.4サイズは、メーカーによって異なりますが、最大1/8オンスの重さがあります。


スプリットショットリグの動かし方は湖底を引きづるのが基本!

スプリットショットリグの動かし方はキャロライナリグと同じように行います。ワームをカバーやストラクチャーにコンタクトさせながらワームを引きずって動かします。

ロッドの先端を一度にス50cm~1m程度、横にゆっくりとスイープして動かすことによってワームを底に沿って動かしますその時々の状況で引っ張る距離やポーズさせる時間を色々と試す事が大切です。

ロッドワークを使ってワームにアクションを与える場合にはスプリットショットリグはリグの性質上ロッドの動きに対してワームが敏感に反応しないので、ある程度大きくメリハリを付けてアクションを与える必要があります。

スプリットショットリグはキャロライナリグと同じくシャローフラットな地形を釣るのに適したリグですが、タックルを強くして水中の枝や岩などのハードカバーを攻めるパワースプリットショットリグと言う釣り方もあります。

パワースプリットショットリグはカバーに向かってキャストしてカバーにコンタクトさせた後、バイトが無ければワームを回収して次のスポットを攻めるテンポのある釣りです。


スプリットショットリグを使う上でのタックルセットアップを考えよう!

スプリットショットリグを使った釣りでのタックルセットアップは軽いウェイトを使って小さなワームを操作するので、ベイトタックルは使用せずスピニングタックルでタックルセットアップしていきます。

ロッドは6フィート前後のライトアクションのロッドが使い易いです。ある程度の距離を飛ばしてエリアを探るのであれば6.6フィート以上のレングスでもいいでしょう。

リールはスピニングの2500番~3000番で使用するラインとカバーするキャストの距離を考慮して選ばれると良いでしょう。ラインはナイロンまたはフロロカーボンラインの4ポンド~6ポンドが使い易いです。PEラインを使う事で遠投が効き遠くのフッキングも決まりやすいのが特徴です。

ただ、PEラインを使う場合はリーダーシステムを組んむ必要があります。また、軽いラインなので風が強い日には使いづらい場面もあります。

ウェイトは1/20oz~1/8ozを水深や釣り場の状況に合わせて使うと良いでしょう。フックは弱い力でもフックアップしやすい細軸のオフセットフックが使い易いです。


スプリットショットリグとダウンショットリグとの違い

水中でスプリットショットとダウンショットリグの動きをを見ると、まったく異なるプレゼンテーションであることがわかります。

ダウンショットリグ

ダウンショットの場合にはウェイトがフックの下にあるため、わずかなロッドの動きでワームは素早く鋭い動きで反応し移動距離も少なく一点で誘う事ができます。

スプリットショットリグ

しかし、スプリットショットリグでロッドを動かすとウェイトの後ろにワームがあるのでワームの動きは反応が遅く動きが弱くなります。このノーシンカーのようなナチュラルな動きがスプリツトショットリグの特徴でもあります。また、スプリツトショットリグは広範囲を探るのにも優れたリグです。


スプリットショットリグとキャロライナリグとの違い

スプリットショットリグはキャロライナリグと同様に広範囲を探るのに適したリグです。2つのリグはリーダーがありワームをノーシンカーのような状態に出来る点でよく似たリグですが、違いはなんなのでしょうか?

先ず大きな違いは使用しているウェイトの重さがスプリットショットリグに比べてキャロライナリグの方が深い場所を探る為に重いウェイトを使用します。ラインはスプリットショットリグの方が細いラインを使用したフィネスな釣りです。

キャロライナリグはバスがワームバイトした時に重たいウェイトの存在で違和感を与えないようにラインとウェイトを固定せず誘導式になっています。

スプリットショットリグは軽いウェイトを使用する為、ラインにウェイトを固定したリグになっています。また、軽いウェイトを使用する事でスプリットショットの方が落下速度が遅くなります。この沈下速度が遅い事がキャロライナリグと比べて大きな違いでもあります。

スプリットショットリグはフィッシングプレッシャーの高いバスに対して効果的なのリグなのです。


おわりに

今回はスプリットショットリグの釣りを紹介しました。スプリットショットリグが登場した時にはスピニングタックルでのバスフィッシングにボクは抵抗がありましたが、タフな時でも釣れるこのリグの凄さに驚かされたモノでした。

ダウンショットリグやワッキーリグが流行った事で影を潜めた感のあるスプリットショットリグですが忘れられたリグを使う事でバスの反応が得られると考えます。

テキサスリグを覚えた初心者の方にもスピニングタックルでのフィネスな釣りにチャレンジしたいと思われるならばスプリットショットリグはおすすめなリグです。

ボクはTwitterでもバスフィッシングの情報を発信しています。記事を読んで興味を持ってもらえたら「Twitterのフォローやいいね!」を頂けると今後の活動の励みになります。

たった10分で学べる!スプリットショットリグの使い方!の記事を読んでスプリットショットリグの面白さに気付いてもらえると幸いです。

では!! よい釣りを(^O^)/


コメント

タイトルとURLをコピーしました