「検証!」バス釣りする奴はクズって言われていますがどうですか?

雑感

ネットのキーワードを調べていると「バス釣り・クズ」というワードが出てきます。確かに!意識の低い釣り人が社会性に欠ける行動をしているのも確かです。

バス釣りをする奴はクズって言われていたりしますが本当はどうでしょう? 一部のクズの為に素晴らしいアングラーの評価が下がり釣り自体が酷い娯楽のように思われるのが辛いですよね。

今回はクズな釣り人とは、どんな人間なのか何時からバス釣りのマナーについて取りざたされたのかなどもツラツラと書いてみました。

では!!「検証!」バス釣りする奴はクズって言われていますがどうですか?の始まりです(^O^)/


90年代バス釣りブームで釣り場は減少したしマナーの悪いクズ釣り人を大量生産!

ボクは自身は釣りは70年代から小学生から餌釣りやルアー釣りを始めました。80年代からはバス釣りにのめり込んでいきますが、当時は今の様にバス釣りをしている人は少なかったのでマナーが悪いと言うのすら目に入らない時代でした。

昭和の時代は今の様にルールに関しても厳しく言われる事はありませんでしたが、そこは最低限のマナーは守っていたと思います。今から考えれば学生時代は色んなところで釣りが出来ましたね。

今は釣り禁止ですが大阪城の堀でもバス釣りは盛んに行っていましたし、加西の野池も釣り禁止のため池はなかったので、行き付けのルアーショップのバス釣り倶楽部のお兄さんたちに連れて行って貰って、とても楽しく釣りが出来た記憶があり、当時は近隣の人とのトラブルもありませんでしたね。

90年代にバスブームが起こり、この頃からは釣り場には凄い数の人がバス釣りを楽しまれていました。これだけの人間がバス釣りに参加するのですから3割ぐらいの人はルールを守る思考を持ち合わせていない人もいたでしょうから、迷惑を掛けられた人も大勢いたと思います。

90年代のバス釣りブームはメーカーもアングラーもモラルに対してかなり注意喚起して語られていましたが、なかなか上手く機能しなかったと思います。

現在はバス釣りは衰退の一途を辿っていると言われますが、ボクからしたら80年代の頃と比べるとまだまだ釣り人は多いように感じます。


「あてはまるとヤバイ!」クズな釣り人になるかもしれない5つのパターン!

①自分は特別と考えている人

②罪悪感が薄い人

➂協調性がない人

④ルールを見下している人

⑤ルールを守る意味が理解できない人

ツラツラとクズ人間とはどんな人か列記してみましたが、バス釣りのモラル云々というよりも、タダのクズ人間ですよね。

自分は特別な選ばれた人なので多少なにをしても許されると考えている人はヤバいです!次に罪悪感が希薄な人もゴミなどを平気で捨ててしまう傾向があります。

協調性の無い人はフィールドを個人の所有物と勘違いしている節があります。自然環境の中で遊ばせて貰っているという認識が無いのかも知れませんし、周りに人がいる事が見えていないのかも知れません。

ルールを見下して考えている人も見かけますね。入ってはいけないエリアに勝手に入って行く人です。危険な場所なので命の危険が及んでも自分は死なないと考えていると思われます。

また、ルールを守る意味を自分の勝手な解釈で理解している人も困った人ですね。自分に都合の良い解釈をしているのでルールが理解できないタイプがこの人です。

よく考えたら、釣り場だけではなくって、こんなモラルの無い人!! 職場にも居るし生活の行く先々にも居てますよね!

そうなんです! こんな人が、どこの世界でも数人は居てるんです。なので90年代のバス釣りブームの時の様にバス釣りに参加する人数が多ければ多い程、おかしな人が目に付くのは当然なんです。

そして対処法は現実の生活と同じく無いんですよね (-_-)/~~~ピシー!ピシー!注意してもトラブルになるのもアレなんで放っておくのが無難です!!


「妄想ですが!」釣り場環境を整える為にクズ釣り人を規制する方法3選

1、釣りをする為の免許制度

2、全ての釣り場で遊漁券が必要

3、ゴミを放ったら罰金刑

バス釣りもそうですが、釣り自体のルールが厳しくなったらどうなるのでしょうか?

出来る出来ないはさて置き釣りの免許制度はどうでしょうか? 実技ではキャスティングから仕掛けの作り方などがあり、学科では釣り場でのルールや魚の取り扱い釣りの歴史などを学びます。当然! 免許制度なので違反があれば罰金や釣りをすること自体も規制されます。

遊漁券を購入しないと釣りが出来ないようにする! フィッシングパスで得た収益はトイレを作ったり魚を放流したりして釣り場の保守保全に使われます。

ゴミを捨てたら罰金ってのはどうでしょうか? シンガポールのように厳しく取り締まると釣り場も綺麗に保たれるのではないでしょうか (^O^)/

クズな釣り人の話だけではアレなんで、次は素晴らしいアングラーを紹介します。


「良い人もいますよ」実在した人として尊敬できるアングラーを紹介しよう!

ホーマーサークル氏

アウトドアライターとしてアメリカでは超有名なホーマーサークル氏はバス釣りというレジャーを「文化」として釣り人に定着させる活動をした人です。

分かりやすい功績としてはヘドンの副社長を務めた経歴のある人でバイブレーションプラグとして知っているスーパーソニックの名付け親でもある方です。

ホーマーサークル氏は、考えがバラバラで自分の利益しか追求しない釣具業界をまとめ上げた人でもあります。1957年に全米釣具協会(AFTMA)アフトマをスタートさせます。

釣りの普及活動や釣り場環境の改善には政治へのアプローチが必要な場面もあり、考えを実現する為には個人の力では難しい場面が多いので釣り人を結集して力を持って発信していく団体を作りあげました。

日本にもブラックバスが特定外来種に指定される前に、このような政治に物が言えるバス釣り団体を作りあげていく事が必要だったと考えます。


コットンコーデール氏

もう一人尊敬できるアングラーを紹介したいと思います。アーカンサス州出身のコットンコーデール社の創業者であるコットンコーデール氏です。

バス釣り師にはただ魚を釣りたいフィッシャーマンと哲学をもって釣りをするアングラーに分かれると釣り師の気質に対して言及されていた方でもあります。

また、コットンコーデール氏はクリスチャンで宗教心の強い方だったそうで人としての生き方にも哲学を持たれた人だったようで、自分以外の周囲の人を助ける行動を取られていたそうです。

例えばバスプロで有名なビル・ダンスを釣り具業界へ導き、そしてテレビの世界へも後押ししたり、有名ロッドメーカーのGルーミスのメーカー立ち上げの際には資金面だけではなく、機械までも提供されたそうです。

そして、コットンコーデール社と言えばクランクベイトの元祖と呼ばれているBIG-Oです。このクランクベイトは1年間で130万個も売れたルアーでした。

実は自社だけで売ろうと思えば500万個も売る事が出来たそうですが、自社で独占販売するよりも各メーカーがクランクベイトを作る事でクランクベイトの普及に繋がりユーザーである釣り人が喜んでくれると考えたからそうしたそうです。


おわりに

バスフィッシングは自然を相手にした奥深い遊びです。なので、沢山の人に一度はチャレンジして欲しいと思います。中国のことわざで釣りを知らないのは人生の殆どの楽しみを失っているようなモノという諺があります。

釣りをブームにするのではなく、至高の遊びや文化として取り組む事で、マナーなどの問題や意識の向上に繋がるのかもしれません。まあ! クズ呼ばわりされないようにバスフィッシングを通して人間性を磨いていきたいとボクは思います。

ボクはTwitterでもバスフィッシングの情報を発信しています。記事を読んで興味を持ってもらえたら「Twitterのフォローやいいね!」を頂けると今後の活動の励みになります。

「検証!」バス釣りする奴はクズって言われていますがどうですか?の記事があなたのバスフィッシングライフのサポートになれば幸いです。

では!! よい釣りを(^O^)/


コメント

タイトルとURLをコピーしました